FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「陽だまりの彼女」を観て・・・切なすぎて泣くしかなかった そして 結果無限ループ

浩介が真緒と過ごす時間の 切り取られた瞬間瞬間の全てが 

幸せと愛に満ち溢れていて とても綺麗で 

眩しくて キラキラしていて 

その後の切なさを より効果的なものにしている



だ~か~ら 

二人の美ジュが異次元すぎて ファンタジーなんだってば



事実

番宣で用いられている 二人が楽しく過ごす 微笑ましいシーンの数々は 

蓋を開けてみると 短い幸せであり 

そのどれもが とても切ないものだった(泣)




再び手にした 大切な人

真緒の命の タイムリミットが近づく


WS000221_20131019072659ab1.jpg

WS000222_201310190726596c3.jpg

また逢う事を信じ

薄れつつある記憶の中に 少しでも二人の時間をとどめておこうと

限りある時間を 真緒のやりたい事に費やす浩介



涙 涙 涙 涙 

もう どうにも止まらない~♪

リンダ山本 ヘイ!!




浩介は 真緒が笑ってくれているだけで 幸せだった

浩介は 真緒が傍にいてくれるだけで 幸せだった

真緒といる時間が 浩介にとって 全てだった 



そして

描かれた 二人のキスは 



WS000043_201310190632502c0.jpg

WS000046_2013101906324934e.jpg

WS000003_201310190853081a8.jpg

浩介受け身の 再会のキスと 

涙をこらえながらの 別れのキスだけが描かれていた

・・・この切なさ


てか

浩介の唇の方が気持ち良さそうって 

バカっ


・・・浩介の唇の柔らかそうで どっきん 



WS000074_20131019084229943.jpg

WS000076_20131019084230e96.jpg

最後に 

涙ながらに 浩介にありがとうを伝える 真緒



真緒のありがとうには たくさんのありがとうが詰まっている

・少年の頃の浩介には 命を助けてくれて ありがとう

・中学の頃の浩介には いじめられていた私を助けてくれて ありがとう

・大人になった浩介には 出会ってくれて ありがとう


そして

最期の時まで一緒にいてくれた浩介には

何も言わず 目の前から急に居なくなった私の嘘を許し 

全部を受け入れ これほどまでに想ってくれて ありがとう



真緒にとっての浩介はいつもヒーローだった

・・・多分


WS000213_201310190729542a0.jpg

WS000214_2013101907295347d.jpg

大切なものは 今この手の中にあるのに 

記憶からも消え 跡形も無くなってしまう 切なさ


WS000215_20131019072952e91.jpg

浩介に もっといっぱい一緒にいて欲しいと願っただけなのに

そうは出来ない 切なさ



WS000079 - コピー

また失うのが怖くて 一瞬 後ずさる浩介

おそるおそる 

互いの想いを確めるように 静かに重なる唇


WS000217_20131019073155e7f.jpg

それは あの時と同じ


WS000218_201310190731547c2.jpg

WS000219_201310190731530d1.jpg 

とても とても 悲しい 別れのキスだった



さっちゃん

号泣ーーーーーーーーーーっ!!



夢から覚め 一人残され送る

真緒がいなくなった いつもの日常



上司との酒の席 

賑やかな場所で 一人ぽつんと離れて座る 浩介


WS000085_20131021115039f59.jpg

二人で聴いた思い出の曲が流れた瞬間 ハッとする浩介の後姿



から~の



わけも分らないまま 浩介の頬を伝う涙 

その涙は とめどなく次から次へと溢れてくる



記憶が無くなっても なお 

自覚なく記憶の片隅に残る真緒の存在が 浩介の心を温かくさせる

 

もう二度と戻ってはこない 

真緒と過ごした陽だまりの様な時を 愛おしむかのように

涙でぐじゃぐじゃな浩介の顔に 幸せの笑みがこぼれる



皆の記憶からは消えてしまったけど 浩介の中にだけ存在する真緒の体温

消えて無くならなかった 真緒とすごした愛おしい時間



上司に「お前 なんて顔してんだ!!」とぼこられながらも

騒がしさの中 

一人幸せそうに微笑みながら涙し続ける 浩介の泣き顔の 切なさ



さっちゃん

大号泣ーーーーーーーーーーーーっ!!




切なすぎて 泣くしかなかった



二人の強い想いが また二人を惹き合わせる

そして 最後の最後に また残る謎




ストーリー的には 一つ一つのピースが揃っていき 

ピースが揃って 真緒の持つ謎が解けるという流れなのだが

最後に 

あれは一体 どういう意味だったんだろう?

という 謎だけが また残る 



それは 観る人それぞれが どうとでも取れるように

そこには 確かな答えが無いのだ



この脚本の上手さ

も~~~~~~~~~~~う!!

必然的に 答えを探すべく 何回も見たくなるではないか!!

・・・只今 無限ループに陥っております



あの最後の意味を あなたなら どう取る?




そして もれなく

萌え系男子の破壊力に 撃沈!!

した さっちゃんなのであった



萌え系男子の強烈な萌

浩介が マジ たまらんのだ がっ



ヤバイな これっ



PS。

コメ辺放置 あいすいません・・・ぺこり

折を見て お返事いたしますので 

気長に お待ち~


相変わらずで そ~り~

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

さっちゃ~~ん
浩介に恋したみたいで、会いたくて会いたくて3回も会いに行ってきたけど、帰ってくると、また行きたくなっちゃうよ~  かなり痛いっ!
潤くんのステージは確実に上がったね!
こんなに穏やかに、こんなに優しい表情するんだね。
バーカウンターのあの後姿!! もうやられましたね!
恐るべし、松本潤!!
そしてそして
最後の泣きの表情は圧巻!!
何なの????  潤くん凄すぎる!! 
頭、崩壊してます!
それにしても、この限られた画像だけで 完成させるさっちゃん凄し!!
やっぱり、さっちゃんだねぇ~
私なんか、凄いしか言ってないし・・・ ボキャ貧かっ!
kiyo | URL | 2013/10/20/Sun 12:39 [編集]
only youさんへ
only youさん お久しぶりで~す♪

久々のお越し 嬉しいな~♪
・・・生存確認終了!! 良かった♪ 良かった♪ みたいな(笑)

> 5回観ました。
>
> で、言えることは
> 「存在からしてファンタジー」
>
> それだけ観て感想これだけかよ??って突っ込まれそうですが...
> え?ふざけてませんよ??(笑)

あははははっ♪
でも 一言で言うならば
「存在からしてファンタジー」これに尽きるよね

> ラストね、原作読んだ私には意外だったかな?
> でもすごくいいと思う。

実の事を言うと
全てがファンタジーだったから 
ラストなんてどうでも良かったりするもんね

しかし
純愛自体が今の時代ファンタジーなんじゃないかと思うよ
感受性の豊かな
あの一瞬だけにしか味わえない 純粋なときめきや
駆け引きなんてものが存在していない 恋の美しさ

全てにおいてピュアで敏感で 相手の言葉や少しの事で 心が大きく動く
お互いをとても大切に思う気持ちや
それら全ての時間が かけがえのないようなものに感じる事すら 奇跡にさえ見える

あたしたち大人にとっては 二度と帰ってこない時間に 輝きを感じるし
素直で純粋な恋に夢をみる

そして あの初々しさや純粋さをあの歳で表現できる 
潤&樹里には感動さえ覚えたもんね

> 浩介が「素敵じゃないか」を聞き涙するシーン。
> これは2014年の新年会なので、まおと別れてひとつきほどってことだよね?
 この時点で手の傷が消えてないので、浩介の想いの強さというか、
 潜在的にまおが浩介の中に居続けてるのかと。

まだ読んでないんだぁ^^;
でも 浩介の手の傷が残っていたのは 
浩介の真緒に対する想いの強さの表れなんだと思います
だから 浩介の身体に真緒がいたという印が残った

> そして数か月後、桜のころにまおと再会。
> まおの執念深さもあっての結果だろうけど、
 お互いが逢うべくして再会したんだと思う。

中学の頃や会社での再会は 真緒の想いの強さで実現したものでしょうが
この時の再会は 
お互いの想いの強さが二人を惹き合わせた 奇跡に違いないんです

> この時、
 まおが永遠に人間の姿を得て浩介の前に現れていてほしいなぁと思ったけど、
 果たしてどうなんだろ?

あたしも あの意味を考えてしまいました

子猫は 真緒の生まれ変わりだったから 大人の猫ではなく子猫
でも 真緒はあの年齢の続きから始まっているんですよね

猫の真緒じゃなく 女の子の真緒に会いたい!!
今度こそ真緒を一人にし寂しい思いはさせない!!
幸せにしたい!!という浩介の真緒に対する思いの強さが 
最後にまた新たな奇跡を起こしたのかもしれませんね

だったら 素敵じゃないか!!という意味を込めて(^^)
さっちゃん | URL | 2013/11/07/Thu 09:43 [編集]
kiyoさんへ
あはははははっ♪
浩介の中毒性は凄いよねぇ 会いたくなっちゃうんだよね
綺麗だし 癒されるし 
なんだかとても幸せであったかい気持ちになれるから 
ついつい会いたくなっちゃうんだよね

あたしも ついつい
でっ なんだか夢心地で とても幸せで ぽわんぽわんしちゃって 
すっかりブログ放置だぜ

> こんなに穏やかに、こんなに優しい表情するんだね。

そうそう 絶対 浩介の表情マジックにかかっちゃってるんだよあたし達
ホント柔らか~くって 優し~いんだよ
あの表情に包まれると 全てがどうでもよくなっちゃって ぽわんぽわん

> バーカウンターのあの後姿!! もうやられましたね!
> 恐るべし、松本潤!!
> そしてそして
> 最後の泣きの表情は圧巻!!

あの背中 あの泣き笑いの表情は圧巻だったよね
あの涙を流しながらの笑顔だって
とても幸せそうで切なくって なんだかあったかくって
とても複雑な感情が入り混じってて グットくるよね
 
なんだろう 全てが可愛いくって きゅんとしちゃうんだよね

なんで あんなに可愛いの?
30で こんなに可愛いって どうする気? みたいな
さっちゃん | URL | 2013/11/07/Thu 10:00 [編集]
雪月歌さんへ
雪月歌さんも「陽だまりの彼女」リピーターか(^^)
リピーターしょうと思ってないのに つい観に行きたい衝動にかられるよね
なんだか 「陽だまりの彼女」には中毒性があるよね

やっぱり 映像が綺麗で あったかい気持ちになれて 
現実からかけ離れている 純愛やファンタジーだからこそ 
頭空っぽにして素直な気持ちになれるし 現実逃避が出来るのかもね
素直になれる瞬間ってそうないから 自分の気持ちを解放出来て心地いのかもね
ニヤニヤしっぱなし 涙も流しっぱなし みたいな

>昔のおとぎ話のように、
>真緒が子供を生むなんてこともあっていいんじゃないかと思います。 
>物語の中の、浩介と真緒が大好きなので、
>二人には幸せになって欲しいと思います。

二人が想えば なんでも叶うんじゃない
あたしは そう信じています

その先の二人をどう想像するのかは その人次第って事かな
多分 正解なんて ないんだよ
未来のある二人に 人はまた夢をみる

偶然なんてないよ!!
真緒の言葉ですが 全て必然なんですよね 
想えば届く!! 願えば叶う!! 
・・・多分ねっ
さっちゃん | URL | 2013/11/07/Thu 10:57 [編集]
ミィさんへ
ミィさんすご~~~い!!
あたし 一日に二回観るのは流石に無理かも^^;
そして 舞台挨拶 ドキドキしすぎて集中できませんでしたか あはっ
・・・多分 あたしもその状況集中できないなっと

>前半は2人の可愛さにニヤニヤしてたのに、
>後半は真緒目線で観てしまい、切なくて、苦しくて、
>溢れる涙と嗚咽を抑えての鑑賞(浩介最高です。)

あははははっ♪
嗚咽を抑えって それ分るぅ~

真緒に感情移入すると そうなるよね
観に行く度 浩介好き度上がって 真緒になりきっちゃうでしょ
浩介とはなれるのが辛くって 悲しくって 胸が張り裂けそうになるでしょ
多分 それホントに浩介に恋しちゃってるんだよ

最期の時間を 自分のしたい事に付き合ってくれて
そして 自分と同じ気持ちで傍にいて
一緒に一杯笑ってくれる 浩介の優しさがねぇ

浩介のしてくれる最期の口付けは 
優しさと 愛おしさと 切なさで 一杯なんだ

こんなに想ってもらえて 凄く嬉しくなる
幸せ過ぎて 離れたくなくなる

でっ
また 浩介に逢いたくなる
リピーターこそが 真緒じゃんっていうね
さっちゃん | URL | 2013/11/07/Thu 11:16 [編集]
ゆうじろうさんへ
ゆうじろうさん お久しぶりです

あたしの陽だまり感想みて また涙してしまいましたか
あたしは最後陽だまり感想 涙しながら書きました^^;
・・・なかなか キモいでしょ

>最後が謎ですよね、、、
>なんで真緒の顔を見せたんだろう…
>あれは真緒の生まれ変わり?
>浩介との記憶はないのかな…?
>猫が真緒の生まれ変わり?もう、もう、わからないですよね。。

原作では 最後 猫だけが登場するようですね
でも 映画は 猫と真緒

そこに 監督が想い合い惹きあう二人の為に 
もう一つの奇跡を 敢えて 用意したんではないでしょうか?

浩介に 猫ではなく女の子の真緒と合わせてあげたい
一種の願いみたいな

二人の強い想いは 
やがて もしかすると こういう奇跡だって引き起こすかもよ
みたいな
さっちゃん | URL | 2013/11/07/Thu 11:27 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

プロフィール

さっちゃん

Author:さっちゃん
ある日突然 花男を見ていて 嵐の松本潤くんに 心を奪われ
見る見るうちに 潤くんと 嵐さんに夢中に・・・
恥ずかしながら 40歳を目前にして 再び訪れた 青春満喫中
潤君に対する 思いのたけを吐き出す場所を求めて ここにたどり着きました
2人の子持ちの 主婦です

最新記事
こめんと
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

嵐な日々♪

kira kira my STYLE

子供向けyoutube動画を紹介
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。